「やってみなきゃわからない」挑戦を続けたRIKOがシンガーソングライターの夢を叶えたワケ

「やってみなきゃわからない」挑戦を続けたRIKOがシンガーソングライターの夢を叶えたワケ

フリーランスになるまでのストーリー

フリーランスとは一概に言っても、働き方は十人十色。

Webデザイナー、ライター、エンジニアなどの職種のほかに、自らオリジナルの職業を作り出して活躍しているフリーランスもいます。

今回インタビューしたのは、シンガーソングライターのRIKOさん。

小学生からシンガーソングライターに憧れていたという彼女に、シンガーソングライターになるまでの道のりや具体的な仕事の内容、これからの展望について聞いてみました。

シンガーソングライター

RIKO (リコ)

RIKO (リコ)さん

長崎生まれ、長崎在住のシンガーソングライター。小学生の頃テレビで見たaikoさんのパフォーマンスに感銘を受けたことをきっかけに、シンガーソングライターを目指すようになる。大学卒業後上京し、音楽事務所に所属。
ボイストレーニング・楽曲制作等に励む傍ら、同所属アーティストへ楽曲提供等を手がける。事務所退所後は全国で精力的にライブ活動を行い、現在は地元長崎を拠点に活動。YouTubeチャンネル「RIKO's ROOM」やファンコミュニティ「RIKOの遊び部屋」を運営。

自己紹介をお願いします!

はじめまして。長崎県出身のシンガーソングライター、RIKOです!

最近はライブで全国各地を回っていますが、今も長崎県に住んでいます。本日はよろしくお願いします!

現在のお仕事を具体的に教えて!

作詞作曲などの楽曲制作や、お客さんを集めたライブ活動がメインの仕事です。他にもYouTubeやファンクラブの運営を行なっているのですが、ライブがたくさん入っているときは準備や移動が忙しくて、なかなか他の仕事に手をつけられません。

ライブが少ない月は時間が取れるので、Youtube用の動画制作やファンクラブへのブログ投稿など、メイン以外の仕事をこなすようにしています。

では、RIKO (リコ)さんの今に至るストーリーをたどってみましょう!

このインタビューは
\ 音声でも聴けます/
\ このインタビューは音声でも聴けます/

シンガーソングライターを目指すまで

フリーランス_シンガーソングライター2

Q1. どうしてシンガーソングライター
に興味を持ったの?

小学生のときに音楽番組で見た、歌手のaikoさんがきっかけです。音楽番組でaikoさんが作詞作曲をすべて自分で行なっていることを知って「曲も歌詞も自分で書いて、自分で歌ってるんだ」と衝撃を受けました。

シンガーソングライターという職業を知ったのはこのときが初めてだったのですが、不思議と「これだ!」という感覚があって。「シンガーソングライターになりたい」と思ったのはこのときからです。

Q2. 本格的にシンガーソングライター
を目指したのはいつから?

大学在学中からです。小学生から「シンガーソングライターになりたい」と思ってはいたのですが、まだまだ「夢」でした。

高校は進学校だったので、まわりは大学に行くのが当たり前という人ばかり。音楽の道に進みたいとは言い出せなくて、音楽とは関係のない学部に進学しました。

音楽と離れてしまったからこそ「やっぱり音楽がやりたい」という気持ちが沸々と湧いてきて、本格的に音楽を始めるために事務所のオーディションを受験。大学在学中に、レッスン生としてシンガーソングライターの道を歩み始めました。

フリーランスのシンガーソングライターになるまで

フリーランス_シンガーソングライター3

Q3. 大学を卒業したあとは
どうしていたの?

大学を卒業したあとは、就職せずに上京しました。引き続き事務所には在籍していたので、アルバイトや派遣社員として働きながら、空いた時間を使って音楽活動を続けていましたね。

Q4. シンガーソングライターを
目指すことに不安はなかったの?

私はすごく楽観的な性格なので、不安はまったくなかったですね(笑)。自分が就職して働いているイメージも湧かなかったし、何より「シンガーソングライターに近づいている」ことにとてもワクワクしていました。

自分が本当にやりたいことをできている嬉しさが、不安を凌駕していたんだと思います。お金に関しても「なんとかなるかな」と思っていました。

Q5. 事務所を辞めて
フリーランスになったきっかけは?

SNSを通して、シンガーソングライターのチームに誘われたのがきっかけです。

在学中からお世話になっていた事務所は、規則でライブもSNSも禁止されていて、歌を披露する場所がありませんでした。レッスンはとても好きだったのですが、自分の望むような活動ができなくて。

いろいろ考えていたときに声をかけていただき、事務所を退所してチームに入ることを決めました。それがフリーランスとしての1歩目だったと思います。

フリーランスになってみて

フリーランス_シンガーソングライター4

Q6. フリーランスになってから
どんな活動をしていたの?

全国でライブ活動をしたり、ライブハウスやファンクラブを作ったりと、所属していたチームでいろいろな活動をしました。

チームでは5〜6組のアーティストが出演するようなライブを主催していて、ライブの運営や集客の方法など、シンガーソングライターとしてさまざまなことを学べる場所でした。チームで学んだことは今の活動にも間違いなく活きています。

Q7. その後、どうやって
仕事を広げていったの?

チーム主催のライブに出演するうちに、「ファン」と呼べる人たちが少しずつ増えてきました。そこで思い切ってワンマンライブに挑戦してみたんです。

初めての1人でのライブはとても不安だったのですが、演奏のサポートや受付など、チームのメンバーが支えてくれてすごく心強かったのを覚えています。

ワンマンライブを機に、個人の活動も増やしていきました。

今とこれから

フリーランス_シンガーソングライター5

Q8. フリーランスになってみて
良かったことは?

私が憧れたaikoさんのように、自分で作った曲を自分で歌って、それをお客さんに聞いてもらえるのが本当に嬉しくて。

特にライブに来てくれたお客さんが「楽しかった」「この曲がすごく好き!」と反応をくれたときは、「シンガーソングライターやっててよかったなぁ」と嬉しくなりますね。

Q9. フリーランスになってから
大変だったことは?

「夢を仕事にしてお金をもらう」ということを理解するのがとても大変でしたね。

私にとってシンガーソングライターはずっと“夢”で、お金のことは考えずに突き進んできました。いざ仕事としてお金をいただくと「夢でお金をいただいていいのか」などの葛藤は今でもあります。

また、実際フリーランスになってみたら、歌う以外の仕事がたくさんできたのも大変ですね。

小学校のときに抱いていたシンガーソングライターのイメージは「曲を作って歌う人」でしたが、仕事になった今、お金の管理や事務、広報活動から営業まで全部自分でやらなければいけません。

「RIKO」は商品で、売れるためには売り込む努力が必要なんです。私は1度も就職したことがないので、自分を売るためのノウハウもない。夢を仕事にできたのはとても幸せなことですが、お金に関する部分は今でも難しいなと思います。

Q10. 今後フリーランスとして
どうなっていきたい?

シンガーソングライターとして、今よりもっと活躍していきたいですね。私にとって音楽は幼い頃からずっとそばにいてくれて、悲しい時も楽しい時も一番の味方でいてくれる存在なんです。

これからは私の作る音楽が誰かにとってそんな温かい存在になれたら嬉しいなと思っています。

そしていつかはaikoさんのようなたくさんの人達に優しい音楽を届けられるシンガーソングライターになりたいです。

目指す人へのメッセージ

メッセージの画像

私は小さいころからずっと「やってみないとわからない」と思って生きてきました。

「シンガーソングライターになんかなれるわけないでしょ」と親にあしらわれることもあったけど、「なってる人がいるのに、何でなれないの」「そんなのやってみなきゃわかんないじゃん」ってずっと思ってたんです。

実際は今のような活動ができるようになるまで本当に色々なことがあったので、悩んでいる方に対して軽々しく「やってみたら」とは言えないですが、何事も「やってみないとわからない」のは間違いないと思います。

私もたくさん失敗してきたからこそ今があるので、皆様にも失敗を恐れずにご自身の夢に向かって進んでいってほしいです。応援しています!

いかがだったでしょうか?
以上、RIKOさんの生き方・働き方のストーリーでした!
あなたの今日もtoiroな1日にしませんか?

ちょっと木陰で立ち話

はっちー
本記事ライター
はっちー

なんとなくわかっていたけど、ステージに立つには僕たちの想像よりはるかにたくさんの努力と苦労が必要なんだと改めて知れました。長い時間をかけてようやくステージに立てるようになっても売れるとは限らないし、本当に音楽が好きじゃないとやっていけない仕事なんだと思います。

僕たちから見えるシンガーソングライターの姿は「歌を作って歌っている人」だけど、実際はそんなに単純なものじゃないんですよね。それをふまえた上で、自分の好きな音楽やアーティストをもっと応援できたらいいなと思いました!

ちなみに、きみはどう思う?なにか気づいたことあった?

ここに感想や気づいたことを書いてみよう

    YOU
    はっちー
    本記事ライター
    はっちー
    書いてくれた感想は、お手紙にしてRIKO (リコ)さんに届けるね!
    いいかな?
    書いてくれたんだね!さっすがー!!
    pigeon